… 風景画の部屋 …  


 「水彩による風景画」生活の日常を綴ったブログ日記です。
 絵を描き始めた頃の絵は「絵画ギャラリー」に、そして最近(2007年~)の絵は「Facebook」に展示しています。

 横浜周辺での「風景画教室」です。詳細はこちらです。
 講師・平澤への連絡は「ka.hirasawa*gmail.com(*は@に代えて)」あるいは「電話 080-5860-3281」へどうぞ。
 木曜日教室、金曜日教室を便宜的に分けてありますが、当面は相互に参加自由としています。
 なお7月18日からは個展のために、教室は一週間お休みです。

◆木曜教室
「次回は ◆07月26日(木)六義園」です。(7月からの詳細)

◆金曜教室
「次回は 07月27日(金)象の鼻パーク(ダイヤモンド・プリンセス)」です。(7月からの詳細)

◆遊彩会はまだ余裕があるようです。人形町に来られる方であれば区内の方でなくてもOKとのこと。
 ご希望の方は会長さんにお話しを伺ってください。

山下公園から見た氷川丸:F6  

山下公園から見た氷川丸:F8
<F6:ウォーターフォード>

 ここは山下公園。
 ここには氷川丸が停泊しています。しかし、海辺からそれを描くとどうも様にならない気が…。
 ところが公園の緑を介して見たら全体を見ることが出来てなかなか良いかも…。
 そんなわけで描いてみました。
#全体を入れるとどうしても船は小さくなります。
#それで、マストの上部と船の先頭部分の一部はカットしました。

category: ┗ 風景09年

tb: --   cm: 2

コメント

氷川丸

前景に緑を入れたせいでしょうか、心地よい画面になっていますね。前々から思ってたことですが、のび太さんは構造物のデッサンが確かですねえ。そのあたりは建築家としての素養とつながっているように思ったりしています。それに引き比べて、私なんかデッサン力が乏しいなー、といつだって嘆いています。そして、肉眼では見えないものばかりを見ている化学屋のせいかなー、などと思っています。
マストの上方を切られていますが、これで成功ですね。例えば、塔のある建物を描く際、つい全部描きこまないといけない、と思い込みがちですが、そういう場合の参考になります。そういえば、安野さんの絵なんかにも、塔を途中で切った横長の絵がときどきありますが、その切り方が絶妙ですよね。

ハナシは変わりますが、のび太さんの絵の画像はいつだって安定していて、多分商売柄、A3のスキャナーをお持ちだと思っていました。果たしてそうでしたね。別掲の分割スキャニングとその接合のノウハウも大いに参考になりました。

F生 #- | URL
2009/12/04 08:13 | edit

>F生さん

 いつもありがとうございます。
 デッサンの件ですが、これは多分、小さい頃絵を描いていたことが影響しているのかとも思っています。横から見た飛行機を描いたりしていたことを思い出します。建築を選択してから、それらが理論にも補強されて体得できるようになったかもしれませんが…。
 科学屋と建築屋との例え面白いですが、F生さんのデッサンの確かさも、皆さん認めていらっしゃるとおりだと思いますよ。
 それにしても絵っていうのは、デッサンだけじゃないっていうことも事実なので、悩ましいものですよねぇ。

 画像の扱いの件、参考になることがあって良かったです。

のび太 #- | URL
2009/12/04 08:55 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ